岡谷動物病院

より幸せな人と動物の絆のために・・・ 岡谷動物病院

HOME動物介在活動活動報告一覧>第35回動物介在活動:諏訪中央病院
CAPP(動物介在活動) 活動報告
第35回動物介在活動:諏訪中央病院
情報掲載日 2011/05/17
室内での参加者は、約20名。
歌を歌ってくださいました。
ふれあい活動後、ボールや輪を使った、犬さんの
一芸披露に参加してもらい、和やかなうちに活動を行うことができました。

今回は、2回目の試みとして、看護師さんと理学療法士さんの
付き添いの元で、外のハーブ園を2名の患者さんと犬さんとの
散歩を行うことになりました。
G-レトリバーの「エルくん」と「キュートちゃん」が
参加しました。
前回のような車椅子ではなく、「シルバー・カート」を
使用しての始めての散歩です。
暖かな春の日差しを浴びながら、ハーブ園の花々や緑を
眺めながらゆっくりと散歩が始まりました。
いろんなことをおしゃべりしながら、
ときどき立ち止まったり、ベンチに腰掛けたりしながら
犬さんを触ったり、撫でたりされていました。
犬さんたちも、ゆっくりゆっくりペースを合わせてくれ、
初めてのカートにも驚かないでおりこうに散歩してくれました。
生き生きと楽しそうに、目を細めて犬さんを見つめながら
園内をゆっくりゆっくり散歩している姿を見ていると、
そこだけ別の時間がゆっくりとおだやかに流れているような感じがしました。

散歩が終わりになると、もっと散歩したいなーと言ってくださり、またきっと来てねと犬さんを見ながら名残惜しそうに
していました。
この活動は、「動物介在療法」にも繋がるものであり、
今後もぜひ継続して行っていきたいと思いました。


Prev(前の記事) 一覧 NEXT(次の記事)

動物介在活動
動物介在活動
HOME病院のご案内血液バンクお知らせよくある相談コミュニティペットホテル動物介在活動
岡谷動物病院
〒394-0004 長野県岡谷市神明町2丁目5−14

tel:0266-23-0058 fax:0266-24-5558
Copyright(C)2005 OKAYA ANIMAL HOSPITAL  All Rights Reserved.