岡谷動物病院

より幸せな人と動物の絆のために・・・ 岡谷動物病院

HOME>>各種情報TOP最新医療情報一覧>レフルノミド使用で寛解がみられた犬の難治性免疫介在性血小板減少例
最新医療情報
レフルノミド使用で寛解がみられた犬の難治性免疫介在性血小板減少例
情報掲載日 2007/06/01
JVM 2006 Vol.59
-要約-

従来の免疫抑制剤に反応せず、進行性に悪化していった免疫介在性血小板減少症のミニチュア・ダックスフンドの1症例に対して、免疫抑制剤であるレフルノミドを投与したところ劇的な改善がみられた。犬の難治性免疫介在性疾患においてレフルノミドの併用を試みる必要があると考えられる。
関連資料 PDFファイル(647KB)


Prev(前の記事) 一覧 NEXT(次の記事)


お知らせ・情報コーナー
お知らせ
HOME病院のご案内血液バンクお知らせよくある相談コミュニティペットホテル動物介在活動
岡谷動物病院
〒394-0004 長野県岡谷市神明町2丁目5−14

tel:0266-23-0058 fax:0266-24-5558
Copyright(C)2005 OKAYA ANIMAL HOSPITAL  All Rights Reserved.