岡谷動物病院

より幸せな人と動物の絆のために・・・ 岡谷動物病院
地域の(岡谷市、諏訪市、下諏訪町、茅野市、辰野町、塩尻市)
センター病院として活動しています。

HOME>>トピックス一覧>第一回WJVF大会において、当院が「動物介在活動」の発表を行いました
第一回WJVF大会において、当院が「動物介在活動」の発表を行いました
情報掲載日 2010/06/21
2010年6月19〜20日に大阪で「第一回WJVF大会」が開催されました。

これは、「2010年日本動物病院福祉協会年次大会」と

「2010年日本獣医学フォーラム大阪大会」の

初の合同開催として新たに「西日本獣医学フォーラム」として

大きく開催された大会です。

この大会において、当院が取りくんでいる「諏訪中央病院」での

「動物介在活動=CAPP」の発表を行いました。

たくさんの聴衆の中、佐々木由枝が発表を行い、

非常におおきな評価をいただきました。

これからも、実践を通したこのような発表を行い、

「動物介在活動・療法・教育」の情報発信を

積極的に行っていきたいと思っています。

サポートしてくれた、「諏訪中央病院」スタッフの方々、

動物介在活動を行っているボランティアスタッフの皆さん、

そして当院のスタッフのみんなには心から感謝したいと思いま

す。


Prev(前の記事) 一覧 NEXT(次の記事)

HOME病院のご案内血液バンクお知らせよくある相談コミュニティペットホテル動物介在活動
岡谷動物病院
〒394-0004 長野県岡谷市神明町2丁目5−14

tel:0266-23-0058 fax:0266-24-5558
Copyright(C)2005 OKAYA ANIMAL HOSPITAL  All Rights Reserved.