岡谷動物病院

より幸せな人と動物の絆のために・・・ 岡谷動物病院
地域の(岡谷市、諏訪市、下諏訪町、茅野市、辰野町、塩尻市)
センター病院として活動しています。

HOME>>トピックス一覧>ペットと暮らす約75%がペットの健康診断を受診
ペットと暮らす約75%がペットの健康診断を受診
情報掲載日 2015/07/27
◆ペットと暮らす約75%がペットの健康診断を受診、アイペット損保 [2015.7.25]


 「ハートのペット保険」でお馴染みのアイペット損害保険株式会社は、ペット保険の加入契約者を対象とした「ペットの健康」に関するアンケート調査を実施、その結果を発浮オた。

 このアンケートは、1954(昭和29)年の7月12日に、国立東京第一病院(現在の国立国際医療センター)で日本初の人間ドックが行われたことを記念して7月12日が「人間ドックの日」とされたことから、健康にちなみ、行なわれた。回答数は、3,422人で、うち犬の飼育者が2,785人、猫の飼育者が637人。

 調査の結果、保険に加入している飼い主の約75%が、ペットに健康診断を受けさせたことがあり、そのうちの約4割のペットが検診時に血液検査を受けていたことがわかった。年1回の混合ワクチンの接種時や、フィラリア検査時に、あわせて健康診断を受けさせている飼い主は、血液検査を受けている頻度が高くなっており、日頃からよぼう医学に関心が高いことを伺わせた。

 健康診断に行くきっかけは、獣医師からのすすめが第1位で約65%、次いで、ペットの様子が気になったからが約39%。以前にもペットと暮らしていた経験から健康診断を受けさせている飼い主や、ペットが高齢になってきたので健康診断を受けるようになったという回答も目立った。かかりつけの動物病院を選ぶポイントは、自宅から近いことが第1位、獣医師の人柄、腕の良さ、口コミなどが続いた。

 そして、健康診断を受けた約3割のペットに、飼い主が気づかなかった異常が発見されていると判明。体調がおかしいと気づいてから病院に相談するだけでなく、日頃から定期的に健康診断を受けておくことで、病が重篤化する前に治療ができる。ものが言えないペットだけに、定期的な健康診断の重要性が浮き彫りになった回答が目をひいた。


Prev(前の記事) 一覧 NEXT(次の記事)

HOME病院のご案内血液バンクお知らせよくある相談コミュニティペットホテル動物介在活動
岡谷動物病院
〒394-0004 長野県岡谷市神明町2丁目5−14

tel:0266-23-0058 fax:0266-24-5558
Copyright(C)2005 OKAYA ANIMAL HOSPITAL  All Rights Reserved.