岡谷動物病院

より幸せな人と動物の絆のために・・・ 岡谷動物病院
地域の(岡谷市、諏訪市、下諏訪町、茅野市、辰野町、塩尻市)
センター病院として活動しています。

HOME>>トピックス一覧>8歳以上の高齢犬の20%に認知症。
8歳以上の高齢犬の20%に認知症。
情報掲載日 2016/11/07
2016年11月2日の信濃毎日新聞に大きく報道された記事からです。
日本獣医生命科学大の入交獣医師の調査で判明した内容です。
今後発症が懸念される犬も半数に達することが判明しました。

犬も高齢になると「認知障害症候群」になります。
お座りができなくなる、しつけができなくなる、排せつ習慣を忘れる、昼夜の逆転、吠え続ける、攻撃性が増すなどの症状が現れたら
「認知症」を考えて、早めに「問題行動」の知識と経験があり、
購入が難しい特効薬を常備している動物病院を受診することが重要です。脳に腫瘍などの問題がなければ「認知障害」として
行動療法・食事療法・薬物療法で改善させることができるようになります。専門のインストラクターと契約している動物病院が最善です。
近所から苦情が来て、保健所で安楽死されてしまう犬も多く、
早期に診断し、適切な治療を行うことで症状の改善が期待できるだけでなく、飼い主の苦しみや悲しみ、そして命まで奪われてしまうといった悲劇を避けることができます。
入交獣医師は,
「症状が軽いうちに、運動やゲームで脳に刺激を与え、脳の老化を防ぐ専用のフードを与え、適切な
薬剤やサプリメントを投与することで症状が大きく改善する例もある」と話しています。
長野県で「問題行動」「認知障害」等に積極的に取り組んでいる病院は圧倒的に少なく、後進県と言われています。
積極的に取り組んでいる動物病院を選択して、早目に受診することが愛犬の命にもかかわってくると日々実感しています。


Prev(前の記事) 一覧 NEXT(次の記事)

HOME病院のご案内血液バンクお知らせよくある相談コミュニティペットホテル動物介在活動
岡谷動物病院
〒394-0004 長野県岡谷市神明町2丁目5−14

tel:0266-23-0058 fax:0266-24-5558
Copyright(C)2005 OKAYA ANIMAL HOSPITAL  All Rights Reserved.