岡谷動物病院

より幸せな人と動物の絆のために・・・ 岡谷動物病院
地域の(岡谷市、諏訪市、下諏訪町、茅野市、辰野町、塩尻市)
センター病院として活動しています。

HOME>>トピックス一覧>諏訪地方の犬猫の安楽死数が激減!!!
諏訪地方の犬猫の安楽死数が激減!!!
情報掲載日 2017/05/08
県諏訪保健福祉事務所は昨年度中に収容した犬、猫の返還、譲渡、殺処分の状況をまとめた。犬は79匹収容し、殺処分はゼロ、猫は182匹収容し、殺処分は16匹だが、このうちの14匹は収容時に瀕死の状態だったため、麻酔による殺処分は2匹。全国平均の殺処分率を大きく下回っており、諏訪地方では返還、譲渡が高い割合で行われている。同事務所は今年度、「犬・猫の休日譲渡会」を昨年度よりも1回多い4回行う。

同事務所によると、犬の飼い主への返還は48匹、譲渡は31匹、猫は返還が3匹、譲渡が165匹だった。県全体では毎年約100匹の犬と約1700匹の猫が殺処分されているという。環境省の2015年度の統計によると、全国平均の殺処分率は犬が33・9%、猫が74・5%となっている。

休日譲渡会は、通常平日に行っている犬、猫の譲渡を休日に行うことで普段仕事で同事務所に足を運べない人が訪れる機会を増やそうと開催。2014年度に初めて1回開き、15年度は行わなかったが、16年度に3回開いた。今年度は6月18日、8月20日、10月15日、12月17日に県諏訪合同庁舎の南側駐車場犬舎で実施する。時間はいずれも午前10時から11時まで。猫は室内飼育をすることを求めている。

同事務所では 譲渡会に合わせて不妊処置の大切さを発信する。「休日譲渡会が 1匹でも多くの犬 、猫にとって新しい飼い主と巡り合える場になればと思う 。無駄になってしまうような 命を増やさない不妊処置の大切さを伝える場にもする」と話している。

@@@素晴らしい感動的な結果です。
涙が出そうになりました。
諏訪保健所の担当者の方々の、深くて熱い想いと愛情と行動が、
この結果を生み出したと思います。毎日そして日曜日の出勤しての
譲渡活動、啓もう活動本当にありがとうございます。
そしてスタッフの想いをくみ取って、犬猫さんを引き取ってくれた市民の方々にも深く感謝したいと思います。
諏訪地方から、長野県から、日本から、世界から安楽死される動物がゼロになる社会を目指して当院も手助けをしていこうと思います。
譲渡したらなるべくはやく、動物病院に診察に行ってください。
心と体に病気を持っている動物が多いです。
問題行動の予防や解決、予防医学、適切な飼育環境を学んで、
幸せな人と動物の絆を築けるようにしてください。


Prev(前の記事) 一覧 NEXT(次の記事)

HOME病院のご案内血液バンクお知らせよくある相談コミュニティペットホテル動物介在活動
岡谷動物病院
〒394-0004 長野県岡谷市神明町2丁目5−14

tel:0266-23-0058 fax:0266-24-5558
Copyright(C)2005 OKAYA ANIMAL HOSPITAL  All Rights Reserved.