岡谷動物病院

より幸せな人と動物の絆のために・・・ 岡谷動物病院
地域の(岡谷市、諏訪市、下諏訪町、茅野市、辰野町、塩尻市)
センター病院として活動しています。

HOME>>トピックス一覧>ヒトの「重症熱性血小板減少症候群」が飼い犬から飼い主に伝染することが確認されました。
ヒトの「重症熱性血小板減少症候群」が飼い犬から飼い主に伝染することが確認されました。
情報掲載日 2017/10/11
飼い犬に、発熱、血便の症状が出て、
その後、飼い主が同じ症状で入院し検査の結果、
マダニに犬が感染し発症し、その体液から飼い主が感染し、
「重症熱性血小板減少症候群」に感染したことが確認され、
厚生労働省から発表がありました。
世界で初めての事例です。
これで、一歩でも外に出る犬と猫は「マダニ」に感染する可能性が高く、しかもその犬と猫から直接人間に感染することが判明したわけです。
少しでも庭や外に出る犬と猫は、徹底した「マダニ」感染予防を
動物病院で受け、症状が出たらすぐに動物病院を受診し、
診断を受け、飼い主は徹底した感染予防を行うことが必要になってきたことを示しています。

これからは、犬も猫も「フィラリア予防」「マダニ感染予防」を
徹底する時代になってきたといえるでしょう。


Prev(前の記事) 一覧 NEXT(次の記事)

HOME病院のご案内血液バンクお知らせよくある相談コミュニティペットホテル動物介在活動
岡谷動物病院
〒394-0004 長野県岡谷市神明町2丁目5−14

tel:0266-23-0058 fax:0266-24-5558
Copyright(C)2005 OKAYA ANIMAL HOSPITAL  All Rights Reserved.