岡谷動物病院

より幸せな人と動物の絆のために・・・ 岡谷動物病院
地域の(岡谷市、諏訪市、下諏訪町、茅野市、辰野町、塩尻市)
センター病院として活動しています。

HOME>>トピックス一覧>[新しい国家資格「愛玩動物看護師」が誕生します!!!]
[新しい国家資格「愛玩動物看護師」が誕生します!!!]
情報掲載日 2019/08/30
[新しい国家資格「愛玩動物看護師」が誕生します!!!]


動物看護の専門職として社会に貢献する動物看護師を国家資格とする「愛玩動物看護師法」が6月21日(金)、今国会にて成立しました。
これにより、早ければ令和5(2023)年にも第1回目の国家試験が実施され、国家資格「愛玩動物看護師」が誕生します。


本件に関し、動物看護のパイオニアとして50年以上に渡り教育・研究に邁進して参りました学校法人ヤマザキ学園 (東京都渋谷区松濤2-3-10)は、理事長 山崎薫(一般社団法人日本動物看護職協会 動物看護師国家資格化推進委員会委員長)のコメントを以下の通り発表いたします。

 この度、永年の念願でございました「愛玩動物看護師法」がついに成立いたしました。
 立法にあたりましては、多くの皆様のご理解とご尽力の賜物と衷心より御礼申し上げます。
 「愛玩動物看護師」は、高度化・多様化する動物医療において獣医師とチーム医療体制を構築するとともに、動物の愛護及び適正な飼養において人と動物との共生社会の実現や終生飼養の推進に貢献します。
 愛玩動物看護師の資格は英国、米国、オーストラリア等の国際社会においてはすでに国家資格として認められていましたが、日本においてもペット先進諸国に一歩近づくことができました。少子高齢化が世界でいち早く進む日本で、家族の一員としてのコンパニオン・アニマル(伴侶動物)の存在はより重要な意味を持つようになり、獣医師や飼い主に寄り添うアジアで初めてとなる国家資格「愛玩動物看護師」に求められる社会的役割と期待は今後一層大きくなるものと思われます。この度の「愛玩動物看護師法」の成立は、先日7年ぶりに改正された「動物の愛護及び管理に関する法律」とあわせて、日本の社会環境の変化に伴う人と動物の平和で豊かな共生社会の実現に資するものと確信しております。

***岡谷動物病院は、設立25年前から最も重要な獣医医療目標として、「動物看護師の国家資格と待遇の改善」「血液バンクの設立」「専門医制度の確立」「大学における、24時間365日の救急医療体制と動物看護師の教育」「がん拠点病院の各県1か所の設立体制の充実」の5項目を挙げてその目標のために努力邁進してきました。

長野県は、獣医医療後進県であり、動物病院のレベルの格差が激しく、大学病院や夜間救急病院、血液バンクが存在しません。さらに、マイクロチップ推進病院がほとんどなく、動物問題行動療法、動物介在活動、リハビリ・理学療法をきちんと行っている病院もほとんどありません。2次診療施設、動物看護師教育や獣医師会活動や獣医師会での動物看護師養成学校、動物看護師養成学校(全国レベル)も存在しません。他県と比べて圧倒的に遅れています。25年前もひどいものでしたが、現在もそのひどい低レベルの現状は何一つ向上しておりません。これが長野県獣医医療に残念な現実です。

長野県では、「がん難民動物」「標準治療を受けられない難民動物」があふれ、紹介もせず、すべての病院が紹介しあいレベルを底上げすることもなく、2次診療施設に紹介することもほとんどありません。
そういうなか、今回の「動物看護師国家資格」の決定は本当に明るい素晴らしい進歩であり、当院の5つの目標の一つが実現したこととして涙が出るほどうれしいことです。
これを機会に、雑用や保定や検査だけのブラックな環境に安い給与で働いてきて、レベルの高い看護師としての仕事を与えてもらえなかった看護師たちが、待遇を給与から改善してもらい、やりがいのあると同時に誇りをもって長く安心して勤められる職場と職業になることを心から願っています。
それが、動物病院の進歩・動物と飼い主の幸せに直接つながる最短の確実な道だと信じています。

当院も25年前から、さきがけの病院として努力してきましたが、益々の動物看護師・獣医師・看護助手・クリーンスタッフ・受付・事務の方等支えてくださる全スタッフにとって誇りある安心して勤務でき子供産むことができ、子育てと仕事の両立ができる職場に長野県全ての動物病院がならなければなりません。また子育てが終わったらどんどん現場復帰できる職場へとさらに進化進歩していかなければならないと思います。

これが,
これからの新しい時代に即した,看護師たちのニーズに即した,職場のあり方だと思います。


Prev(前の記事) 一覧 NEXT(次の記事)

HOME病院のご案内血液バンクお知らせよくある相談コミュニティペットホテル動物介在活動
岡谷動物病院
〒394-0004 長野県岡谷市神明町2丁目5−14

tel:0266-23-0058 fax:0266-24-5558
Copyright(C)2005 OKAYA ANIMAL HOSPITAL  All Rights Reserved.